ウェブビュー

0
(0)

利用用途 #

ウェブビューとは、ウェブサイトを見るのと同じ感覚でヒートマップが見られる機能です。
ウェブビューのURLでシェアすることもできます。特にスマートフォンでウェブビューURLを開くと、コンテンツと照らし合わせながらユーザーの動きを実感できます。

ウェブビューではその他に重要な利用方法があります。Ptengine管理画面内でヒートマップが確認できない場合にウェブビューを利用します。例としては、ログインが必要なページのログイン後のページや、フォームステップの途中のページなど、ユーザーとの相互作用が関わるページの場合です。

基本動作 #

ヒートマップツールバーでウェブビューボタンをクリックすると、ブラウザの新しいタブからページが開かれます。そのURLの後ろには、Ptengineのパラメーターがついており、計測コードが正常に設置できているページであれば、ウェブビューが確認できます。また、クリックヒートマップ、アテンションヒートマップ、ページ分析のいずれもウェブビューは利用できます。

ウェブビュー画面の解説 #

こちらの画像の上部にウェブビュー時のヒートマップツールバーが表示されています。一部の機能はPtengine管理画面内のツールバーと同じですので、ここではウェブビュー時のみに出現する表示について紹介します。

  • 1は基本情報です。該当ウェブビューヒートマップのクリック数、期間、デバイス種類およびURL規則を含んでいます。以下をご参考ください:
  • 2はマッピングのオンオフ切り替えボタンです。オフにするとヒートマップが消えます。
  • 3はツールバーを隠すボタンです。ツールバーが確認したいページ要素と被っている場合にご利用ください。ツールバーを再度表示する場合は、下記画像の赤枠のアイコンをクリックしてください。

記事の評価

0 / 5. 0