2020-06-09 属性データ取得関連とユーザーグループの改善

Hi ! Uttyです。週1回ペースのプロダクトアップデートがありました。主なアップデートを3つ紹介します。匿名ユーザーが8-9割と困っている方も多いと思います、ユーザーと接点持てるようにするための仕組みができました。

1.フォームで取得したデータをユーザー属性として再利用できるように

サイトに訪れたユーザーに対して、例えばアンケートフォームを表示させ、入力された情報はユーザー属性としてデータがストックされユーザーフィルタリング分析または次回のエンゲージメントにデータを再利用することが可能です。ユーザーを特定する情報がない匿名ユーザーに対して、施策※を行いemailアドレスや企業名、役職といった情報を取得し、その情報に基づいて次のアクションが行えるようになります。※ひとりよがりな施策はオススメしません。

2.あなたのビジネスに合ったグルーピングがしやすく

ユーザーグループのオススメサンプルやガイダンスが追加されました。新しいユーザーがユーザーグループの目的と価値をより深く理解できるようにし、ユーザーグループへの価値のある提案をより直感的に行いやすくします。

3.データ取得関連

今後の拡張性のために、PTX のイベントとユーザー属性を収集するメソッドは、より識別可能な ptengine.track と ptengine.identify に変更されます。

 

Ptengine Xの無料トライアル受付中!登録申請はこちらから

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう