キャンペーン作成

まずはユーザーに最適化したエクスぺリンスを作成しましょう。 サイト編集やポップアップの追加、固定バーの追加など、簡単にサイトをバージョンアップすることができます。 適したユーザーに適したエクスぺリンスを提供し、ビジネスを加速させましょう。

  • 1 キャンペーンクリエイティブデザイン:パーソナライゼーションを通じてユーザーに表示させたい内容をデザインできます。またA/Bテストもご利用いただけます。更にキャンペーンを編集、削除、プレビューすることも可能です。
  • 2 キャンペーンゴール登録:キャンペーンを効果やパフォーマンスを測るため、最終目的などをゴールとして登録できます。例えば:「ログイン」もしくは「購入」をゴールとして登録するとか。
  • 3 対象ユーザー:キャンペーンを表示させたい一つもしくは複数ターゲットユーザーグループを選択することで、ユーザーの過去履歴行動データや属性に合わせてパーソナライズされた内容を提供し、ユーザーグループに合わせてセッション内条件も設定できます。
  • 4 ページ条件:対象ページ設定することで表示させましょう。
  • 5 スケジュール:キャンペーンの開始、終了スケジュールを指定できます。

キャンペーンクリエイティブのデザイン #

  • 1「パーソナライゼーション」から「キャンペーン作成」をクリックし、キャンペーン設定画面に入りキャンペーン名と編集するURLを入力してください。

  • 2「ポップアップ」または「固定バー」から新規作成するか、またはお客様のニーズに合わせてテンプレートをご利用頂くことも可能です。お客様にもっと品質の高いデザインをより簡単に作成頂くよう、テンプレートでは仕様や業界などに合わせた様々なクリエイティブが入っており、ヒントやアイディアが得られると思います。それと同時にコードモードを利用頂ければもっと自由度高いキャンペーンのデザインができます。よく使われるテンプレートは以下の通りです。
  • 3キャンペーンの表示させる位置、テキストや画像、ボタンの色及び背景色まで自由に調整いただけます。編集画面ではツールバーがあり、そちらから設定してください。また複数パターンを追加、切り替え、更にデバイス別での編集も可能です。

  • 4表示/停止条件で表示タイミングを設定できます。ユーザーの行動に合わせて表示させるかを判断しています。表示トリガー条件は以下のいくつかあります。

    ページ訪問:対象ページをアクセスしてすぐもしくはX秒経過したら、キャンペーンが表示させます
    ブラウザから離脱した時:マウスがブラウザ範囲から離脱した時;ブラウザの戻るボタンを押した時
    ページのXX%まで閲覧した時:ユーザーが該当ページの違う場所までスクロールした場合表示させるかを判断
    アクティビティ停止:アクティビティ(クリック、スクロール)が停止してX秒経過
    指定のJavascript:指定のJavascriptが発火されたら表示させる(お客様のニーズに応じて表示させるJSを指定できます)


    Tip:作成したクリエイティブを右上の「プレビュー」機能でリアルに確認することが可能です。 生成したURLもしくはQRコードでプレビューできます。

キャンペーンの詳細設定 #

  • 1 キャンペーンゴールの登録

    キャンペーンの効果やパフォーマンスを測りたい場合は、ゴール機能に合わせて測る必要があります。またその結果に基づいて今後更なる改善を実施できます。
    お客様のニーズに合わせてゴールを登録してください。例えばログイン、カート入れ、購入などをゴールとして登録できます。まだゴール登録していない場合右の「+ゴールを登録」から新規登録可能です。また既に設定されているゴールからも選択できます。

  • 2 対象ユーザー

    ターゲットユーザーを設定することで、キャンペーンの内容をあったユーザーに表示させることができます。既存のユーザーグループからまたは新規作成して設定できます。まだユーザーグループを設定していない場合、グループを新規作成から設定してくだい。またはセッション時の条件を設定することで、キャンペーンの表示範囲、デバイス、流入元などを指定できます。

    更にセッション時条件(ユーザーの行動、訪問の属性)も指定できます。
    ユーザーの行動:ウェブページ、イベント>ユーザーの行動:ウェブページ、イベント
    訪問の属性:訪問の種類、入り口ページ、参照URL、参照Host、キャンペーン名、流入元、メディア、キーワード、コンテンツ、端末の種類、OS、OSのバージョン、ブラウザ、ブラウザのバージョン、解像度、メーカー、国/地域、都道府県


  • 3ページ条件

    ページを指定することでキャンペーンの表示範囲を指定できます。
    対象ページ:含む、含まない、前方一致、後方一致、完全一致、正規表現>対象ページ**:含む、含まない、前方一致、後方一致、完全一致、正規表現

  • 4スケージュール

    自由にキャンペーンの開始や終了スケージュールを設定でき、更に配信曜日、時間帯で定期的に配信/停止できます。定期的なキャンペーンを走っている場合は、スケジュールを設定することで効率高く済みます。
    日時設定:開始&終了日時が設定でき、秒単位まで指定できます。
    配信曜日と時間帯:指定した時間帯で自動配信&自動停止できます。
    タイムゾン:プロジェクトのタイムゾンに合わせる(デフォルト)と訪問者のタイムゾンに合わせる二択があります。プロジェクトのタイムゾンに合わせると、タイムゾンを跨ぐ場合プロジェクトのタイムゾンへ換算されます。訪問者のタイムゾンに合わせる場合は、プロジェクトに合わせないため、以下のようなケースが発生することがあります。例えば12時から配信の場合は、タイムゾンの原因でキャンペーンレポートで10時からデータが計測されるケースがあるため、予めご了承ください。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう