Ptengine
ヘルプセンターへようこそ

ピックアップコンテンツ

アップデート情報

  • 2020.09.24
    • コードを多重に設置することを避けるためのアップデート
  • 2020.09.16
    • バックグラウンドのアップデート
  • 2020.07.30
    • ベースマップを取得できないことを最適化
    • 共有者にどんな権限を付与したいかを具体的設定できます
  • 2020.07.14
    • 製品内で一部のテキスト説明を更新しました
    • 共有者を招待する流れを最適化

よく閲覧されているページ​

ステップ1:Wordpressの管理画面の中の「外観」から「テーマエディター」に入ります。

ステップ2:該当のテーマを選びます。

ステップ3:footer.phpを選びます。

ステップ4:解析コードを貼り付けます。

ステップ5:設定を保存します。もっと見る

Ptengineではリアルタイムのデータを除いて全てのデータは訪問者が離脱した後30分からデータを表示するのです。コードを設置した30分後でデータを確認することをお勧めします。

確認したい時間帯にはまだコードを設置していませんでした。コードを設置しないとデータを集計できませんので、ご了承ください。もっと見る

パラメータ除去というのは、URL末端のパラメータを合併するというものです。オリジナルページのパラメータを除去して、統一のURLでデータを合併、チェックします。そういう方式でキャンペーンのデータを分析するのはとても便利になります。普通、広告を配信する時、パラメータはキャンペーン情報のバナーとなります。もっと見る

PayPalかStripeかの問題、及びクレジットカードなどの問題による現象

その中でクレジットカードの問題が一番よくある

PayPalかStripeかの問題:決済結果情報がPTEへ送信されなかった 。弊社にご連絡ください。支払い状態を変更した後、二度とお試しください。もっと見る

URL中のptengine=xxxxパラメーターがなくなっている

ページに計測コードが設置されてない

キャッシュデータ残り失敗もっと見る

ページ内リダイレクト、またはiframeの差し入れ防止コードが入っている場合>ページ内リダイレクト、またはiframeの差し入れ防止コードが入っている場合

スマホ用のページがPCでの訪問を止めている場合

このウェブページがhttpから発信された訪問リクエストをストップさせている場合

ログインが必要なページである場合もっと見る

ページ分析とクリックヒートマップは、全て単スクリーン表示、つまり、iframeの高さ=iframe内のページ内容の高さである仕組みです。もし背景図のCSSファイル中 height:100vh; height:100%; が含まれている場合、要素の高さが拡大される場合があります。 ヒートマップを正常にご確認できるよう、この式は控えてくださればと思います。また、我々にご連絡し、特殊対応で問題を解決することもできます。

ビジュアルイベントを設定するには、下記三つの必要な条件があります。

URL末尾にパラメータ「?ptengine-event-explore=open」が付いていること

ptengine製品内から目標ページを開くこと

目標ページにはptengineの解析コードがちゃんと配置されていることもっと見る

ショッピングカートや情報提出後のページなど、ログインまたはあるステップを通さないと開けないページのヒートマップは、Ptengine内で直接ヒートマップを確認することができません。こちらは、ウェブビュー機能をご使用ください。もっと見る

選定された時間帯にはまだCVとページグループを設置していませんでした。CV及びページグループは設置した後のデータに対しては有効となります。歴史的なデータに影響を与えられません。もっと見る