ヒートマップツールバー

ヒートマップ詳細画面に入ると、ヒートマップツールバーが見られます。

  • 1では最近閲覧されたヒートマップの記録が見られ、直接以前閲覧したページに戻ることができます。
  • 2からはセグメントが利用できます。

ツールバーで使える機能 #

  • 1の「戻る」ボタンではヒートマップレポート画面に戻れます。期間設定の方からは、確認する数値の期間を決められます。
  • 2では、ページとページグループといった検索範囲を設定できます。ページを選択した場合、検索欄ではURLまたはページタイトルを検索できます。ページグループを選択した場合、検索欄ではページグループの名前を検索します。
  • 3検索欄からは、URLまたはタイトルでの検索を選択できます。検索欄右側の「x」をクリックすると、ヒートマップ詳細ページを閉じてヒートマップレポート画面に戻れます。つまり、①の「戻る」ボタンと同じ機能を持っています。
  • 4では、パラメーター合併モードのオンオフボタンを切り替えます。ボタンをクリックすると、下記のようなパラメーター合併コマンドが開きます。こちらで合併モードをオン・オフにすることができます。また、合併しないパラメーターを選択することもできます。例えば、こちらのURL上でutm_campaign=pte_linkのパラメーターを含むヒートマップだけを見たい場合、こちらのパラメーターをクリックしてグリーンにした後に右下の「ONにする」をクリックしてください。
  • 5ヒートマップシェアボタンです。こちらを押すと、シェア用のヒートマップが生成されます。
  • 6ではクリックヒートマップアテンションヒートマップページ分析比較ヒートマップを選択することができます。
  • 7では保存した過去バージョンのヒートマップを呼び出すことができます。右側のカメラアイコンは、現在のバージョンを保存するボタンです。こちらのボタンで現在のページのヒートマップを保存できます。
  • 8は、下記のように表示デバイスを選択できます。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう