パラメータ作成ツール/パラメーター変換

0
(0)

広告キャンペーンの効果測定を行うに当たり、UTMタグの利用が可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。キャンペーンのUTMタグ

Ptengineで簡単にutmパラメータを作成するツールがありますのでぜひ活用ください。

利用ステップ

「設定」→「キャンペーン」→「URL生成ツール」に入ります。下記の内容を記入してください。

  • 1キャンペーン名:キャンペーンの名称を設定します。例えば「summercampaign」
  • 2流入元:キャンペーンの流入元を設定します。例えばGoogleやmailなど
  • 3メディア:キャンペーンの種類を設定します。例えばbanner、cpcなど
  • 4キーワード:広告に関するキーワードを設定します。例えば「brandname」「bigword」
  • 5コンテンツ:他の広告と区別するために、内容についての説明を設定します。例えば「lp01」「banner-typeb」

上記を完成した後「URLを生成」をクリックすると下記のようにURLが出力されます。

「URLのコピー」をクリックして、URLを広告サイトに設定します。

パラメータ付きのURLから訪問されたら、インサイトの「流入元」→「キャンペーン」にてデータが確認できます。

Ptengineのパラメーター作成ツールで利用するUTMタグはGoogleアナリティクスと同じルールに従っているため、Googleアナリティクスでパラメータ同様のパラメーターを使っている場合は既存の広告URLを変更する必要はありません。

しかしGoogleアナリティクスの場合、Google広告で配信している広告はUTMタグの設定は不要なので設定していない可能性が高いです。Ptengineでの計測を万全にするために、Google広告の広告リンクにもUTMタグを付与したものを使いましょう。

パラメータ変換

UTMパラメーターがつくURLは広告として識別されます。
例:http://help.ptengine.com/?utm_campaign=2020SpringSales&utm_source=baidu&utm_medium=banner
もしUTMルールと一致しないURLルールを利用していて広告として計測したい場合、「パラメータ変換」をご利用ください。

パラメータ変更を設定する方法

パラメータ変換ツールは特定の文字列の付いたパラメータがある場合に
キャンペーンとして計測するという設定です。
ここで自動設定及び手動設定二つの方法があります。

自動設定:

  • 1「設定→キャンペーン→パラメータ変換→追加」に沿って設定ページに入ります。

  • 2 ツール名は自由に設定できます。自動設定では、特定のパラメータのついたURLをコピー入力して「確認」をクリックすると、自動的にキャンペーンパラメーターを判別し入力の補助をしてくれます。

  • 3 2が完了後、「次へ」をクリックして、タグの内容を設定します。

  • 4 3の内容を保存すると設定したツールが一覧に追加されます。

手動設定

  • 1 設定フォームに入り、手動設定を選択して、「次へ」をクリックします。

  • 2 自らタグを設定します。

  • 3 内容を保存した後、「キャンペーン変換」で設定したツール名が一覧に追加されます。右側のボタンを利用して、再編集・削除操作ができます。

記事の評価

0 / 5. 0