実験バージョンヒートマップ

Ptengineでは、Optimizelyなどの他社ツールと連携して、様々な実験バージョンのヒートマップを見ることができます。もし現在A/Bテストツールをご使用中の場合、実験ヒートマップ機能で直観的にA/Bテストの結果をヒートマップで検証することができ、素早く価値あるインサイトを獲得できます。

実験ヒートマップを開く方法 #

設定→ヒートマップ→A/Bテストをクリックして以下のページに入り、現在使用中の製品を選択してボタンをオンにします。現在Ptengineでサポートできるツールは、Optimizely Classic、Optimizely Xです。
(他ツールでも計測の実績がございます。方法についてはチャットにてご相談ください。)

Ptengineで実験機能をオンにした後は、テストツール上でも合わせた設定が必要となります。詳しくは以下をご参考ください。

・ 【Optimizely】A/Bテスト機能使用方法

・ 【Optimizely X】 A/Bテスト機能使用方法

実験バージョンヒートマップを見る方法 #

機能をオンにすると、ヒートマップリストに「実験URLのみ」とのチェックボックスが現れます。こちらをチェックすると、ヒートマップリストに実験バージョンのヒートマップが表示され、URLをクリックして詳細を見ることができます。

または、ヒートマップ詳細ページの以下のところから、様々なバージョンを見ることも可能です。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう