パラメータ毎のヒートマップ分析方法

ヒートマップ分析の際にパラメータ毎のセグメント分析を行うことができます。本文書では「UTMキャンペーン毎」と「独自パラメータ毎」に分析する方法を紹介します。

UTMキャンペーンごとにセグメント分析を行う方法 #

UTMキャンペーン毎にセグメント分析を行う場合、以下の内容に従って対応しましょう。

その一:

  • 1ヒートマップリストから「元のページ」を選択し、ピックアップしたいパラメータ文字列が含まれているURLを選択してください。
  • 2パラメーター合併モードのオンオフボタンを切り替えます。
  • 3ボタンをクリックすると、下記のようなパラメーター合併コマンドが開きます。
  • 4こちらで合併モードをオン・オフにすることができます。例えば、こちらのURL上でutm_campaign=pte_linkのパラメーターを含むヒートマップだけを見たい場合、こちらのパラメーターをクリックしてグリーンにした後に右下の「ONにする」をクリックしてください。

その二:

  • 1ヒートマップリストの「パラメーター除去後」からヒートマップ分析を行いたいURLを選択してヒートマップを開きます。
  • 2「セグメント」機能を利用して「キャンペーン」を選択します。
  • 3確認したい「UTMキャンペーン」を選択した上、条件を有効にしセグメントを掛けて分析を行います。

独自パラメータごとにセグメント分析を行う方法 #

  • 1ヒートマップリストから「元のページ」を選択し、ピックアップしたいパラメータ文字列が含まれているURLを選択してください。
  • 2パラメーター合併モードのオンオフボタンを切り替えます。
  • 3ボタンをクリックすると、下記のようなパラメーター合併コマンドが開きます。
  • 4こちらで合併モードをオン・オフにすることができます。
  • 5確認したいパラメーターをクリックし、「ON」にするとパラメーター統合のヒートマップを確認できます。
    例えば、こちらのURL上でutm_campaign=pte_linkのパラメーターを含むヒートマップだけを見たい場合、こちらのパラメーターをクリックしてグリーンにした後に右下の「ONにする」をクリックしてください。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう