ページ管理

0
(0)

ページ管理(無料版のみ) #

有料版を利用している場合では、全部のページが計測されますので、設定する必要がありません。
無料版の場合、ヒートマップ確認できるのは1URLのみなので、計測したいURLを設置しなければなりません。

URLの統一がONになっている場合、統合後のURLを記述ください。
(もし、www.site.com と www.site.com/index.html を統一する際、www.site.com として統合されます。)

下記二つの設置方法をお勧めします。

①コンテンツ→ページ→元のページでURLをコピーして、貼り付ける
②確認したいページをブラウザで開き、ブラウザーのアドレスバーからURLをコピーして貼り付る

上記二つの設置方法をお勧めします。特にURL末尾を統合させる機能をオンにしている場合、URLには「/」を含まないでください。オフにしている場合、コピーされたURLをそのまま利用して問題ありません。

詳細設定 #

Ptengineの管理画面でヒートマップを確認する際、スマホ・タブレット・PC環境を偽造して対象ページを呼び出すことができます。

Ptengineのデフォルト解像度は下記のようになります。
PC:1024*768
スマホ:375*667
タブレット:768*1024
ページのサイズと違う場合、ここで高さ、広さが調整できます。

UA設定:ヒートマップの背景を取得する時のデバイス情報(UA)を変更できます。
解像度:ヒートマップの広さが調整できます。

A/Bテスト #

ここでOptimizely ClassicとOptimizely Xの連携設定できます。テストツールを選び、スイッチをオンにします。詳細設定は Optimizely設定Optimizely X設定をご覧ください。

保存ページの管理 #

保存ページは、過去ヒートマップを利用するために保存した過去アーカイブページを管理できます。
削除したり、ページの保存状態を確認することができます。

記事の評価

0 / 5. 0