GOOGLE TAG MANAGERによる導入

Google Tag Manager(GTM)で、Ptengineを導入する方法をご説明します。

Note: Ptengineの解析コードを通常のソースへの直張りではなく、GTMで管理するメリットは以下のいくつかがあります。
・タグを貼る度に別の部署や制作会社にしていた依頼の必要がなくなる
・一つのサイトに様々なツールのタグが混在し煩雑しているものを整理できる
・どこにどのタグが記述されているかの把握が容易になる

このようなメリットがあるGoogleタグマネージャ(GTM)を導入してみましょう!

設定方法 #

  • 1「アカウントを作成」を押し、「アカウント名」を入力して「続行」を押します。

  • 2「コンテナ名」を入力し、「ウェブ」を選択して、「作成」を押します。
  • 3タグマネージャ利用規約を読んで、「はい」を押します。
  • 4タグマネージャのコードが表示されるので、計測対象としたい全てのウェブページの<body>の直後に入れてください。>れてください。
  • 5「タグ」を開き、「新規」をクリックし、「カスタムHTMLタグ」を選択します。


  • 6タグの名前を「Ptengine」にして、Ptengineの計測タグを貼り付けます。「続行」を押します。
  • 7「トリガーの選択」を開き「All Pages」を選択し、「追加」をクリックします。そして 右上の「保存」ボタンを押します。

  • 8ワークスペース画面右上の「公開」ボタンを押します。
  • 9バージョン名、バージョンの説明を記述し、 再度画面右上の「公開」ボタンを押します。

Note: 正常にGTMの設定ができたかは、Ptengineの「リアルタイム」の機能で確認することができます。

GoogleタグマネージャーにPtengineのタグを追加(または削除)したのに反映されない場合 #

「公開」ボタンがクリックされていない可能性があります。一度ご確認ください。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう