ユーザーグループページ

ユーザーグループページは主に新規グループ作成(サンプルグループ)、ユーザーグループレポートと関連設定の部分からなっています。

新規ユーザーグループ作成 #

ユーザールグループを作成するもしくはサンプルグループ定義の入り口になっています。

ユーザーグループレポート #

とてもわかり易く全てユーザー及び新規ユーザーの過去のアクティブ状況(デフォルトは7日間のデータとなります)を確認することができます。主に概要、グループレポートとユーザーリストの三つ部分からなっています。

  • 1概要

    全てユーザーや過去7日間のユーザー推移などを確認でき、またユーザー識別を通じてユーザーを知り、サイト上のユーザー行動を確認することも可能です。

  • 2グループレポート

    ユーザーアクティブ状況を把握し、新規ユーザーアクティブ推移、イベントランキング、イベント推移、エクスペリエンス配信数、エクスペリエンスクリック数、フォーム送信数、コンテンツランキング、流入元ランキング、デバイス別、地域別などのデータを確認できます。

  • ユーザーリスト

    ユーザーリストを確認でき、更に列で並べ順をつけたり、カスタマイズ列を追加したり、ユーザーリスト出力もできます。

またはフィルター機能を利用することで、全てユーザーもしくは特定ユーザーグループからセグメントすることもできます。フィルター条件にはページ訪問のユーザー行動、訪問の属性、ユーザーラベルを利用の場合はユーザーラベルが含まれます。該当ページでは更にURLまたは正規表現でページ範囲を特定でき、フィルター条件に期間を合わせて検索したいユーザーの概要、行動レポートそして属性を確認できます。

フィルター条件に何がある?

  • ユーザーの行動:ウェブページ、イベント、訪問
  • 訪問の属性:訪問の種類、入り口ページ、参照URL、参照Host、キャンペーン名、流入元、メディア、キーワード、コンテンツ、端末の種類、OS、OSのバージョン、ブラウザ、ブラウザのバージョン、解像度、メーカー、国/地域、都道府県
  • ユーザーラベル:total session、country(last country)、 initial referring domain、 distinct user ID、 os(last os)、 city(last city)、 region(last region)、 browser(last browser)、 initial referrer、 first seen、 last active

その他設定 #

ユーザーグループページで、パーソナライズされたキャンペーンを作成&編集することができます。更にユーザーリストからユーザーデータ出力もでき、あとグループのコピーや削除などの機能に合わせて素早く分析や設定することが可能になります。詳しくが下記でご紹介いたします。

  • 1 ユーザーグループ編集

    ユーザーグループ名の編集、概要説明の追加、フィルターの編集などができ、編集後該当フィルターに当てはまるユーザー状況が表示されます。問題無ければ保存で該当条件でグループそして保存できます。

  • 2 パーソナライゼーションの実施

    該当ユーザーユーザーグループに合わせてパーソナライズされたキャンペーンを実施することで、パーソナライゼーションの力を手に入れます。画面で提示されるヒントに従って編集するURLとキャンペーン名を入れてください。

    Note:編集するURLはエディター画面で開くページになり、プレビューするためのURLにもなります。ページ条件で入力するURLはキャンペーンが表示されるページとなります。詳しくはキャンペーン作成で確認できます。

  • ユーザーリスト出力

    該当ユーザーグループのユーザーリストを出力し、CSVまたはExcelでユーザーリストを確認できます。

  • コピーと削除

    同じユーザー属性や行動も持っているグループをコピーしたり、削除することが可能です。お客様の実際のニーズに合わせてご利用ください。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう