GTMを活用してイベントを設定する方法

コンテンツ

本文書ではPtengine Experienceイベントタグの設定をGoogle Tag Manager(GTM)を利用して設置する方法をご紹介します。
既にあなたのウェブサイトでGTMを実装している場合は、GTMを利用してPtengine Experienceのイベントタグをとても簡単に設定できるため、こちらの方法がおススメです!

設置方法 #

  • 1GTMにログインし、該当コンテナを選択します。
    (事前にGTMをインストールする必要があり、インストール方法が分からない方はこちらをご参考ください)
  • 2「トリガー」をクリックし、「リンクのみ」を選択します。

  • 3 ボタンのクリックでイベントを発火させる場合は、以下のように設定して保存します。

    Tip:CSSセレクターの確認方法が分からない場合、下記までご参考ください。
    「検証」でDeveloper Toolに入り、「↖︎」で該当ボタンを指定し、CSSセレクターをコピーします。


  • 4「タグ」>>「新規」ボタンをクリックしてタグを設定します。
  • 5タグタイプを「カスタムHTML」で選択して、イベントを設定します。
  • 6 Ptengine Experienceのイベントタグをコピーして、以下に入れます。

    Tip:イベントタグはPtengine Experience管理画面の「データ管理」>>「トラッキングタグの取得」>>「イベント計測」から取得できます。


  • 7 トリガーを選択します。
  • 8 名前を入れ、タグを保存して公開します。これで設定完了です!

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう