パーソナライゼーションとは

0
(0)

パーソナライゼーションとは、特定の個人または特定のグループに合わせてサービスを調整するという意味があります。単に言うと、適切なコンテンツを適切な人に適切なタイミングで適切な手段で伝え、各個人または各グループの体験に注目し、インサイトを得てキャンペーンを作成することで素早く改善を実施できます。このようにパーソナライズされたウェブサイトを築き、ビジネスを効率的かつ継続的に成長させることができます。

パーソナライゼーションが役に立てる場所 #

ユーザーがサイトに入った後、その属性や特徴などの獲得可能なデータ(個人情報などのプライバシーなし)に基づいてユーザーを案内できます。例えば特定商品を閲覧する際、関連商品やユーザーが興味ありそうなコンテンツをレコメンドしたり、困ったユーザーをより効率的にサポートできます。

なぜパーソナライゼーションが必要なの #

下記の調査結果をご覧頂ければなぜパーソナライゼーションが必要なのか原因をおわかりになるでしょう。対象となるのはパーソナライゼーションを実施ている企業様です。

  • 1パーソナライゼーションは、顧客獲得コストを50%削減し、収益を5~15%増加させ、マーケティング費用の効率を10~30%向上させることができる(マッキンゼー調べ)。
  • 2パーソナライゼーションを導入している企業の87%が、主要なビジネス指標(コンバージョン率、エンゲージメント率、平均受注額)の上昇を実感している(VBインサイツ調査)。
  • 3私達も今回のプロダクトを全面にアップグレードする前に、既にパーソナライゼーションのロジックと私達の製品能力に基づき、複数社のお客様に成功体験を作りました。例えば:Microsoft社は、技術スタッフに頼らず、ユーザーの洞察を迅速に得て、同様に迅速に、タイトな納期と限られたリソースの中で、適切なユーザーに異なる案内と情報を提供することで、短期間でサービス収益を倍増させました。【Microsoft Store に力を注いだ Ptengine の物語】を見る

記事の評価

0 / 5. 0