インタラクティブ要素、非インタラクティブ要素

インタラクティブ要素、非インタラクティブ要素とは #

ヒートマップのページ分析では、インタラクティブ要素と非インタラクティブ要素の表示、非表示を選択できます。

(最初の状態では、インタラクティ要素の表示のみとなっています。)

この2つは、HTMLタグの属性で決まられます。以下の要素は、インタラクティブ要素として判断されます:"a" "input" "select" "embed" "object" "textarea" "button"。そのほかは非インタラクティブとして判断されます。

インタラクティブ要素はよくボタンとして使われる要素です。
全てのクリック情報を表示するには、この両方にチェックを入れてください・

隠し要素、その他の要素とは #

クリックヒートマップでは、同じ箇所に隠し要素がという項目がありますが、これはページ分析の「リスト表示」にて、最後の表示されるその他の要素というデータと同じものです。
これらは二つのケースによって分類されるクリックです。一つは選択した期間内のクリックデータがヒートマップの後ろに呼び出しているサイトにない場合です。二つ目は、要素は呼び出したサイトにあるもののメニューやポップアップ、アコーディオンなどで隠されている状態である場合です。例えばマウスオーバーしないと表示されないコンテンツや、ページの改修でHTML構成が変わった場合など、事前に収集している要素情報が今のHTML上に無い、あるいは隠されている状態だと、隠し要素やその他の要素に分類されます。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう