アテンションヒートマップ

アテンションヒートマップでは訪問者が長く滞在していた箇所が赤くなります。つまり、ユーザーがサイトで見ていたその場所での、その滞在時間を総和し、ヒートマップの色で表します。該当のページがクリックされていなくても、訪問者がどこに興味をもっているのかを確認することができます。

チェックポイント #

・ どのコンテンツが訪問者の関心をひいて、どこが読みとばされているか

・ 注目されているコンテンツはページ作成の時に予想したものか

・ しっかり読まれているコンテンツがページの下の方にないか

・ 全体的に色は薄くないか。全体的に赤くなるようにしましょう。

画面の説明 #

  • 1はヒートマップの上限値(赤色)を調整するヒートマップカラー調整ツールです。ヒートマップの色は赤色を上限、透明を下限とし、相対的に色付けされますが、赤色になる閾値を調整することにより、データに偏りがあり分析しづらいヒートマップ(ページ全体が真っ赤、ページ全体が透明など)を調整することができます。初期はつまみが中心にあり、左側につまみを動かすと上限値が下がり赤色や黄色が増え、右側に動かすと上限値が上がり全体的に赤や黄色が少なくなっていきます。
  • 2では、スクロール到達率の線を表示するか選択できます。
  • 3は、ヒートマップ再読み込みボタンです。ページ要素のローディングが遅くなっていたりする際は、このボタンで再読み込みを行うことができます。
  • 4ウェブビューボタンです。
  • 5は、現在のページの基本数値(クリック数、訪問数、PV)です。
  • 6はページの詳細データを見るボタンです。クリック後、以下のウィンドウが開きます。CSVのエクスポートも可能です。
  • 7スクロール到達率の線で、実際その位置まで閲覧したユーザーの割合を表示します。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう