基本設定

前のステップを終わらせたら、ウェブサイトの計測が始まります。
リアルタイムの数値以外のデータは訪問者の訪問が終わってから30分程度で反映されます。

ヒートマップ設定 #

無料版アカウントをお使いの方は、ヒートマップを確認したいページのURLを設定することで、ヒートマップの計測が出来ます。また、無料版のヒートマップでは1URLに制限されておりますので予めご了承ください。
(有料版をご使用の方はページ数は無制限なのでこの操作は必要ではありません。)



注意点:もしすでにアクセスデータがあったら、ページ一覧からURLをコピーすると、入力間違いが起きる可能性を避けることができます。もしURL最後部のスラッシュ(/)のURL統一モードをONにしている場合(初期設定はOFFです)、入力したURLにはスラッシュを入れないようにしてください。数値の連携ができず、設定したURLが計測できない恐れがあります。

イベント設定 #

イベント機能とは、ウェブページ上の「会員登録」や「資料請求」ボタンなどが何回クリックされたかといった、ユーザーの特定の行動を計測したいときに使用するのがイベント機能です。このイベントはどのような行動にも設定が可能で、例えば写真のアップロード、ビデオの鑑賞、記事の掲載、ボタンのクリックなどが全てイベントとして計測できます。

ビジュアルイベント設定
イベントの手動設定

コンバージョン設定 #

コンバージョン(CV)とは、サイト上でユーザーに到達してもらいたい目標、アクションを指します。Ptengineで目標ページURLへの到達や特定アクションによるコンバージョンを計測することができます。
主には登録数、定期購読数、eBookダウンロード数、購入数などを計測します。
コンバージョン設定

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう