スマホビューのヒートマップが見れない場合

5
(1)

ヒートマップでスマホビューを選んだのに、背景に呼び出されたサイトがスマホ幅に縮小されたPCビューだった場合の対処法を紹介します。

ヒートマップでデバイスを変更する際にPtengineが行うのは、ただスマホスクリーンの幅に偽装するという挙動のみです。
アダプティブサイトは訪問デバイスを検知し、最適化されたページが表示される場合もあります。その場合の多くは、Ptengineを利用するPCでスマホページに切り替えようとしても、スマホビューに切り替わりません。Webサーバは訪問デバイスを自動的に識別します。訪問デバイスの情報はUseragentより取得するので、ブラウザーのUseragentを変更、若しくは偽装することでスマホビューを表示します。

方法①:ブラウザーの開発ツールでスマホ環境を模擬する。具体はビデオをご参考ください。

方法②:ブラウザプラグインを利用し、Useragentを変更します。ここでUser-Agent Switcher for Chromeというプラグインをお勧めします。下図のようにUserangentをスマホ環境に変更して、ベースマップを再ローディングします。

Note:背景を再読み込みする時、ページをリロードするとページのローディング時間が長くなる恐れがあります。日付指定期間を短くしておくことをお勧めします。

記事の評価

5 / 5. 1