基本タグの設置方法

基本タグとは #

Ptengineに限らず、ウェブサイト上の基本的なユーザー行動を測定したい場合は、ウェブサイトの各ページにコードを追加する必要があります。コードなしでデータを収集することはできません。Ptengineではこのようなコードは基本タグと呼びます。
さて次の部分では手動設置する方法とタグマネージャー経由より基本タグを設置する方法を紹介します。

手動に設置 #

Note:
1. 基本タグを設置するには、対象のウェブサイトのソースコードを編集できる権限が必要です。
2. データローディング時、Ptengineの基本タグによるJavaScriptファイルは並行して読み込まれるため、ページローディングの速度への影響はないと見なしていいほどですので、ご安心ください。

  • 1Ptengineにログイン後、該当するプロジェクト及びプロダクトを選択した上、一番上にあるナビゲーションの「実装」ボタンからタグ設置画面に入ってください。
  • 2基本タグをコピーします。
  • 3対象サイトへアクセスし、タグを<head>から</head>の間に貼り付けます。

    Warning:基本タグを計測したい全てのページへ貼り付ける必要があるため、予めご了承ください。

  • ・サイトにアクセスし、File Transfer Protocolを利用し、ホストサーバーにアクセスします
    ・計測したいウェブサイトの該当ページにトラッキングタグを貼り付けます
    ・最後に「保存」をクリックしてください

GTMで簡単設置 #

下記ではPtengineを始めるために必要な基本タグの設置をGoogle Tag Manager(GTM)を利用して設置する方法をご紹介します。

  • 1Ptengineにログイン後、該当するプロジェクト及びプロダクトを選択した上、一番上にあるナビゲーションの「実装」ボタンからタグ設置画面に入り、「Google Tag Managerで簡単設置」をクリックしてください。
  • 2ポップアップウィンドウにて、Googleアカウントでログインします。
  • 3そのあとに、GTMから求められる4つの権限を許可してください。
  • 4GTMアカウントへ接続し、該当する「GTMアカウント」と「コンテナ」を選択し、「作成して公開する」ボタンをクリックすると、インストール成功しましたと表示されます。

補足 #

以下タグが既にウェブページに実装されている場合、Ptengineを継続利用することが可能ですので、最新のタグを実装頂かなくても問題ありません。タグにある「xxxxxxxx」はプロジェクト毎に異なります。

<script type="text/javascript">
            if(!window._pt_sp_2){
                window._pt_lt = new Date().getTime();
                window._pt_sp_2 = [];
                _pt_sp_2.push("setAccount,xxxxxxxx");
                var _protocol =(("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://");
                (function() {
                    var atag = document.createElement("script");
                    atag.type = "text/javascript";
                    atag.async = true;
                    atag.src = _protocol + "js.ptengine.jp/xxxxxxxx.js";
                    var s = document.getElementsByTagName("script")[0];
                    s.parentNode.insertBefore(atag, s);
                })();
            }
</script>

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう