絶対パスと相対パス

コンテンツ

絶対パス #

絶対パスは、ファイルなどの場所を記述するパスの表現であり、階層の最上位レベルから位置関係を記述する方式です。

例えば、Aページ:https://x.ptengine.jp/aaa/bbb/1.html
このように記述すれば、どこからも上記のページにたどり着くことができます。

一方、システムが現在動作している当前のフォルダを起点として、相対的な位置の関係を記述する方法は「相対パス」と呼ばれます。

メリット:
すべてのURLが記述されており、指定された場所が変更されていないため、接続が不適切が出る可能性がありません。
デメリット:
「http://〜」と記載されているため、Webサーバーに直接に接続され、ローカル環境でのテストはできません。

相対パス #

相対パスとは、ファイルなどの所在を説明するパスの表現の一つであり、現在の位置からの相対的な位置の関係を表する方式です。 開始位置から目標位置までのルート上の要素を順番に記述します。

例えば、…/aaa/bbb/1.html
それはページのURLの一部で、相対パスと呼ばれます。

その…/aaa/bbb/1.htmlは必ずhttps://x.ptengine.jpに所属する訳ではありません。

例えばBページ:https://www.ptmind.com/aaa/bbb/1.htmlにも同じパスが含まれていますが、BページはAページと完全に違います。

メリット:
1.Webに接続されていないため、正常に動作し、ローカル環境でもテストできます。
2.説明が短いため、ファイルが浅くなり、作業時間が短縮されます。
デメリット:
自身のファイル位置を起点とするため、パスを記述するページを移動するとリンク切れを起こします。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう