基本タグ設置

Note:Ptengineアカウントをお持ち且つ解析コードが設定されている場合、こちらの記事内容をご確認頂かなくて問題ございません。

なぜ基本タグを設置する必要がある? #

お客様のサイトでPtengine Experienceの基本タグを設置することで、「ユーザーグループ」、「ゴール」、「パーソナライゼーション」、「イベント」などの機能が制限なくて利用できます。

ユーザーグループ機能でユーザー特徴に合わせてセグメントできます。例えばKnowユーザー(ユーザー識別で実現できる)、匿名ユーザーなど。更にキャンペーン機能でパーソナライゼーションを実施し、ユーザーにあった最適な内容を最適なタイミングで表示させ、最終的な結果と効果をゴールで計測できます。またイベントでサイト上のユーザーを計測することも可能です。

本文では、手動とGTMとの二つの方法でPtengine Experience基本タグを設置する方法をご紹介いたします。

手動で基本タグを設置する #

Note:トラッキングタグを利用するには、対象のウェブサイトのソースコードを編集できる権限が必要となります。

  • 1Ptengine Experienceにログイン後、管理画面の「データ管理」に入って、「手動で設定する」ボタンをクリックし、手動設置方法を選択してください。
  • 2基本タグをコピーします。
  • 3対象サイトへアクセスし、タグを<head> から</head>の間に貼り付けます。

Warning:また基本タグを計測したい全てのページへ貼り付ける必要がありますため、予めご了承頂ければと思います。

・サイトにアクセスし、File Transfer Protocolを利用し、ホストサーバーにアクセスします
・計測したいウェブサイトの該当ページにトラッキングタグを貼り付けます
・最後に「保存」をクリックしてください

GTMで基本タグを設置する #

下記ではPtengine Experienceを始めるために必要な基本タグの設置をGoogle Tag Manager(GTM)を利用して設置する方法をご紹介します。

  • 1Ptengine Experienceにログイン後、管理画面の「データ管理」に入って、「GTMに接続する」ボタンをクリックし、GTMでの設置方法を選択してください。
  • 2ポップアップウィンドウにて、Googleアカウントをログインします。
  • 3そのあとに、GTMから求められる4つの権限を許可してください。

  • 4GTMアカウントへ接続し、該当する「GTMアカウント」と「コンテナ」を選択し、「作成して公開する」ボタンをクリックすると、インストール成功しましたと表示されます。これで基本タグの設置完了です。

基本タグを実装完了後、この記事での方法に沿ってタグが正常に設定されているかを確認しましょう。

基本タグ設定についてよくある質問 #

基本タグがサイト読込速度への影響
基本タグを設置したのに正しく計測されない場合
クロスドメイン設定

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう