Ptengineヒートマップの連携方法

Ptengine Experienceのキャンペーンのヒートマップがワンクリックで素早く確認できるようになりました!

例えば、Ptengine Experienceで一人ひとりのユーザーに最適化されたWebページを表示させることや、ポップアップや固定バーを表示させることができます。そして複数パターンでA/Bテストも行えます。そのような施策を行った結果、効果検証をヒートマップで行うことで実際にその施策によって態度変容が起きているかや複数パターンでページの見られ方がどのように違いがあるか気になりますよね。まさにそれを検証できるようになりました。

ユーザーに合わせた施策を行うことで、読まれ方が大きく変わることもしばしばあります。例えば、以下のように大きくヒートマップで見え方が違う場合だってあります。左のオリジナルページを見せる場合と同じWebページでA施策を行うことで一気に事例に興味を持ってくれるようになったり、B施策では全体的に確認してくれてCVRが高まったりとヒートマップを見ることで直感的に施策の効果を実感することができるようになります。

キャンペーンなどでの態度変容の変化や複数施策の比較ができるツールを現在あまり聞いたことがないため、かなりユニークな価値だと思います。(とあるツールとGoogleアナリティクスのイベントタグのコードを駆使して行っている企業もありますが、はるかに設定がこちらのほうが楽です)

さて、早速実装方法を解説します。

前提条件 #

Ptengineのプロファイル(ヒートマップ機能利用可能)がPtengine Experienceまで接続されている場合、該当するPtengine Experienceのプロジェクトでヒートマップ機能をご利用いただけます。

ロジック #

ロジックとしては、キャンペーンが表示される度に、1つのイベントとしてPtengineで計測され(Ptengineのイベント数としてはカウントされないため、ご安心してご利用いただけます)、ヒートマップでの確認時には実際イベントをセグメントしてヒートマップを見れるようにしています。
また確認する該当ページに必ずPtengineの解析コードを設定するようにお願いします。解析コードが設定されていばれ、Ptengine Experienceの該当プロジェクト(PtengineとPtengine Experienceのプロジェクトが同じであることが前提)でヒートマップをご確認頂けます。

詳細な確認方法の下記にご紹介いたします。

Note:ヒートマップの確認権限はPtengineと一致するため、もし該当ページがPtengine内でヒートマップ見れない場合は、Ptengine Experienceでヒートマップ開いても見れないため、予めご了承くださいませ。(Ptengineでヒートマップ全開の場合はどのページもヒートマップご確認頂けます。)

確認方法 #

  • 1管理画面でヒートマップを確認したいキャンペーンの「ヒートマップを見る」ボタンをクリックしてください。
  •  

  • 2該当する「ページURL」、「パターン」、「デバイス」と「ヒートマップタイプ」を選択し、ヒートマップを確認しましょう!
    なおポップアップはウェブページと別になっているため、ヒートマップは確認できないことを予めご了承くださいませ。
Tip:

  • キャンペーンが表示された該当セッション内の別ページのヒートマップの確認も可能ですので、対象ページURLを変更してヒートマップを確認してください。例えばAページでキャンペーンが表示されて、その後同じセッション内でBページもアクセした場合、Bページのヒートマップも確認できます。
  • ヒートマップ機能のリリース日(2020年11月24日)からデータが蓄積されますため(既に以前よりPtengine Experienceでヒートマップ機能をONにしていた場合は対象外です)、ご了承くださいませ。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう