Google Analyticsや別ツールと数値が異なる場合

Google Analystics(以下でGAと略称します)など他のツールの計測結果に差が出た場合、下記いくつか原因が見られるため、文書の内容に従ってチェックしてみましょう。

コード設置による計測結果の不一致 #

  • 1コードが全ページに設置されていない場合
    GTMのようなタグマネージャー経由でコードを設置していて、GAとExperienceとの計測範囲は異なる場合、両方の計測結果が異なります。
  • 2ページ読み込みにエラーが出て、どちらかのコードがうまく読み込まれなかった場合
    GAの計測コードがPtengineの基本タグより上に設置されている場合、両方の間にあるコードにエラーが出たら、下にあるPtengineの基本タグ読み込みに影響が出て、正確に計測することができません。
  • 3基本タグが二重設置されている場合
    基本タグが二重設置されている場合、計測結果が倍になる可能性があります。
  • 4サンプリング計測を設定している場合
    Experienceでサンプリング計測をすると設定通りに一部のデータしか計測されません。もし他のツールでそのような設定をしていない場合計測結果が異なります。

プロダクト内設定による計測結果の不一致 #

  • 1UU数上限に達した場合
    プランのUU数やイベント数上限に達した場合、計測が停止されるため、これによる計測結果が異なる可能性があります。
  • 2通信プロトコル設定
    Experience基本タグと別ツールのタグ設置対象ページのプロトコルが異なる場合計測結果が異なります。例えばExperienceではhttpで設定しましたが、別ツールではhttpsのページに設置されている場合。
  • 3UA除外設定
    Experienceはデフォルトで一部UAからのアクセスを除外しています。もし他のツールで除外設定していない場合計測結果が異なります。
  • 4クロスドメインでセッションが切れている場合
    クロスドメイン設定していない場合、セッションが切れてしまい、ゴール数などが正しく計測されなく結果が異なります。

計測ロジックの違いによる計測結果の不一致 #

例えば、ExperienceではPC/SPを放置しっぱなしにしたまま5分後、セッションが切れ計測も中止されます。GAの場合その時間をカスタマイズで定義できます。これによる計測結果の不一致が発生する可能性があります。
その他、Experienceはユーザー単位でデータを取得しているため、基本UU数単位となります。

上記の理由でも納得いかない? #

もし、上記の解決方法でどうしても納得いただけない場合、実際にテストして、精密さを比べることができます。

  • 1テストするページの選択と提供:Experienceとほかのツールのコードが入っているページを一つ提供していただきます。
  • 2こちらより、自動テストジョブを実行し、決められたURL、時間帯で一定量のアクセスデータを作ります。
  • お客様がツール同士のデータを比べることができます。

Tip:テストページの提供が困難な場合、トップページに広告パラメータ=pttestなどのリンクでテストすることも可能です。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう