マッチングルールについて

ページグループ、コンバージョン、イベントなどを設定する際に、Ptengineでは以下の5つのマッチングルールを利用します。「含む」「前方一致」「後方一致」「完全一致」「正規表現」です。

含む

特定文字列を含むURL。例えば、「abc.com」指定で「含む」ルールを選択すると、「abc.com.contact」など入力したURLが含まれた場合に対象とします。

前方一致

前方一致は文字列の最初の文字から指定した最後の文字まで一致する場合に対象とします。

ウェブサイトのURLに通常あまり変化がないが、URLの末尾に様々なパラメータが含まれている場合は、この前方一致モードが適しています。

たとえば、特定の訪問者が訪問したサイトがhttps://www.example.com/checkout.cgi?page=1&id=9982251615 だとすれば、前方一致でそのまま登録するとその他のユーザーの登録番号は含まれません。「http://www.example.com/checkout.cgi?page」と設定した場合は、page=1以外の他のページ内容も含めてかつ全ての登録番号を集計します。「http://www.example.com/checkout.cgi?page=1」を設定した場合は該当ページに制限した上で、全ての登録番号のユーザーの集計が可能になります。

後方一致

後方一致は文字列の最後の文字から指定した最初の文字まで一致する場合を対象とします。

たとえば、URLがhttp://www.example.com/s/test/index.html だとすると、後方一致モードで一致させるURLは「/test/index.html」に設定します。

この場合、サイトの前の部分が異なっており、「http://www.123.com/s/test/index.html」 となっても一致します。

また、http://www.example.com/s/test/index.html?wore=xxx となると、後方に「?wore=xxx」があるため、後方一致では一致させることはできません。

完全一致

完全一致は最初から最後までURLの全ての文字が完全に一致し、例外がないことを指します。
このモードを使用する場合、URLクエリパラメーターなど動的(場合に応じて変化する)情報を含めることはできません。

正規表現

Ptengineは正規表現に対応しており、詳細なトラッキング設定を行うことができます。正規表現とはいくつかの文字列を一つの形式で表現するための表現方法です。

正規表現の文法

実正規表現は大量のデータから正規表現のパターンに一致する文字列を検索するときなどに使われます。
検索するための条件を指定するには特殊な記号を用いります。これは特殊文字やメタ文字と言われるもので、主にワイルドカード、アンカー、グループ化という種別に区分けできます。
それぞれ下記にて説明します。

ワイルドカード

アンカー

グループ化

その他

注意点:正規表現は簡単であればあるほど、作成者を含めたチームメンバーに使いやすいです。

正規表現でよく使わせる組み合わせ

  1. ドメインの前方は完全一致し、最後に/または?のパラメーターが付いている場合

正規表現
^https:\/\/www.ptmind.com($|\/$|\/\?.*)

含まれるURL
https://www.ptmind.com
https://www.ptmind.com/
https://www.ptmind.com/?WT.mc_id=xxxx

含まれないURL
https://www.ptmind.com/abc

  1. httpまたはhttps、そしてサブドメインを含むURLをまとめたい場合

正規表現
^(http|https):\/\/(sh|bj|tj).ptmind.com

  • 含まれるURL
    http://sh.ptmind.com
    http://bj.ptmind.com/abc
    http://tj.ptmind.com
    https://sh.ptmind.com
    https://bj.ptmind.com/?WT.mc_id=xxxx
    https://tj.ptmind.com

  • 含まれないURL
    https://www.ptmind.com

  1. 同じサブディレクトリでまとめたい場合

正規表現
^http:\/\/ptmind\.com\/price.*$

  • 含まれるURL
    http://ptmind.com/price/page
    http://ptmind.com/price?sid=23fwe3r2&vid=345666
    http://ptmind.com/price#top
    http://ptmind.com/price

  • 含まれないURL: ー

  1. http か httpsが含まれてwwwかwwwの箇所が別のサブディレクトのURLをまとめたい場合

正規表現
^(http|https):\/\/[a-z0-9]*[.]*ptmind.com\/service\/mng_units\/lp03$

  • 含まれるURL
    http://www.ptmind.com/service/mng_units/lp03
    https://www.ptmind.com/service/mng_units/lp03
    http://ptmind.com/service/mng_units/lp03
    http://a123.ptmind.com/service/mng_units/lp03
    https://ptmind.com/service/mng_units/lp03

  • 含まれないURL:ー

  1. idが該当の範囲にあるURLをまとめたい(6984604から6984783まで)場合

正規表現
^http:\/\/ptmind.com\/detail\/id=6984([6][1-9][0-9]|[6][0][4-9]|[7][0-7][0-9]|[7][8][0-3])$

  • 含まれるURL
    http://ptmind.com/detail/id=6984604
    http://ptmind.com/detail/id=6984783

  • 含まれないURL
    http://ptmind.com/detail/id=6984784
    http://ptmind.com/detail/id=6984603

正規表現検証ツール

正規表現の記述が正しいかどうかの確認は、こちらのようなツールで可能です。
https://www.regexpal.com/

※設定中に何かご不明ががございましたら、製品内チャットでお気軽にご連絡ください!

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう