イベントの手動設定

イベントのコードを手動で編集し設定することによって、よりイベント設定のカスタム性が高くなります。
以下のスクリプトを使ってイベントを手動設定することができます。

_pt_sp_2.push('setCustomEvent',{eventName:'イベント名'})

  • 1html上で手動イベント設定する場合
    コード例(購入ボタンのクリック数の測定)

    <button id="btnLogin" onclick="_pt_sp_2.push('setCustomEvent',{eventName:'購入 '})">login<button>
    
  • 2ネイティブJavaScriptの場合

    document.getElementById('btnLogin').addEventListener('click',function () { 
    _pt_sp_2.push('setCustomEvent',{eventName:'購入'});
    });

その他のJavaScript フレーム/クラスライブラリの使用方法とネイティブJavaScriptは基本同じです。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう