ページ分析

ページ分析ではクリックヒートマップとは異なり、定量的にクリック数を調べることができます。また、ハンバーガーメニューなどで隠れている要素についても調査が可能です。
表示されるのはクリック数とページ全体に占めるクリックの割合です。
※訪問者数に対してのクリック率については手計算する必要があります。(クリック率=訪問クリック数÷訪問者数)

チェックポイント #

・ メニューなどの利用率はどの程度か

・ CTA(コンバージョンボタン)のクリック率はどの程度か。(訪問数に対して10%以上が目安)

・ ページの改修前後でのクリック率の変化

画面の説明 #

  • 1によって表示をクリック数の大きい要素に絞り込むことができます。
  • 2では、インタラクティブ要素と非インタラクティブ要素の表示を選択できます。最初はクリッカブルな要素に利用されることの多い「インタラクティブ要素」のみ表示状態になっています。全てのクリックを表示する場合は両方にチェックが入っている状態にします。

    - インタラクティブ要素:Ptengineは、以下のHTMLタグをインタラクティブ要素として判断します:"a" "input" "select" "embed" "object" "textarea" "button"。
    - 非インタラクティブ要素:インタラクティブ要素以外のHTMLタグは全て非インタラクティブ要素となります。

  • 3の「リスト表示」ではクリックされた要素を一覧で見ることができます。「要素」の列ではhtmlで記載されているテキストやリンクの文字列が並びます。「種類」の列では、タグの種類によってこのように種類分けされます。「URL:href属性を持つaタグ」「リスト:li要素」、「画像:img要素」、「テキスト:テキスト要素」、「フレーム:div要素」があります。一覧の行をクリックすると、表示ページ上の該当要素に移動し、点滅します。
  • 4は、③のリストデータをエクスポートできます。
  • 5は、ヒートマップ再読み込みボタンです。
  • 6は、ウェブビューボタンです。
  • 7は、現在のページの基本数値(クリック数、訪問数、PV)です。
  • 8はページの詳細データを見るボタンです。クリック後、以下のウィンドウが開きます。CSVのエクスポートも可能です。

エリア分析機能 #

ページ分析上で、特定のエリアのクリックがどの訪問によって発生したのかを調査する場合に有効です。クリック&ドラッグで枠を引いて確認したいエリアを囲ってください。

枠で囲うと、データウィンドウが現れ、囲った箇所の合計値と流入元別データが表示されます。表示内容は流入元(検索エンジン、キャンペーン、参照サイト、ソーシャル、ノーリファラー)、デバイス(OSやブラウザ)、入口ページ、国・地域とキャンペーン詳細などがドリルダウンできます。

Warning: 要素エリアを完全に囲った時に有効な機能です。もし完全に囲えていない場合、計算範囲に一部の要素が入らなくなる可能性があります。例えば、上の画像のような引き方だと「無料登録する」ボタンのクリックデータのみ計算されます。

この記事についてどう思いますか?

  • いいですね!
  • よくないです

評価いただきありがとうございました

  申しわけありません!理由を教えてください。

    サポートチームに直接問合せたい場合、こちらをクリックしてチャットしましょう